【托卵】「本当に自分の子なのだろうか?」三男のDNA鑑定の結果に父は……

baby_dakkohimo_man (2)

1 :名無しさん@おーぷん:2022/07/16(土)12:22:01 ID:6EZH

「正直に言ってほしい。それだけ告げました。妻はじっと結果を見ていましたが、『だまっていてごめんなさい』と。
僕には何の不満もない。ただあるとき取引先の男性に会ったと。
その人は彼女の中学時代の初恋の人だった。
それで彼女の心の中には彼の存在が焼きついてしまった。偶然出会って、また恋心がよみがえった、と」

妻は1度だけ関係をもって、初恋にケリをつけたかったのだそう。

「妻から関係を迫ったことにショックを受けました。好きな人がいれば僕や子どもたちを簡単に裏切るのか、と。

そう言ったら妻は泣きながら、『私の13歳のときの大事な思い出なの』と言いました」

“離婚するしかないの?”と言われたとき、ヒデキさんはドキッとした。そういう選択肢があるのかと改めて感じた。

◆「人として試されている」とすべてを受け入れた夫

「妻に対しては許す、許さないの問題ではないと思うようになりました。
妻がしてしまった行為を、今さら責めてもどうにもならないですから」

彼はすべてを受けとめ、受け入れた。この先、夫婦関係や親子関係がどうなるかはわからない。
だがそのつど、起こったことを受け止めて受け入れていくしかないのかもしれないと彼は穏やかな笑みを浮かべた。

https://joshi-spa.jp/1155410

2 :名無しさん@おーぷん:2022/07/16(土)12:22:36 ID:hFO5
クソオブクソ

4 :名無しさん@おーぷん:2022/07/16(土)12:23:10 ID:YF5B
都合のいい男

5 :名無しさん@おーぷん:2022/07/16(土)12:23:24 ID:i0uy
これがATMですか

続きを読む
Source: ハムスター速報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク