あばれる君のヤラセ発覚のTBS『アイ・アム・冒険少年』が視聴率末期で打ち切り寸前に…

large

0 :ハムスター速報 2022年5月17日 09:28 ID:hamusoku
「TBSの『アイ・アム・冒険少年』(月曜19時~)ですが、いよいよ末期状態にあると関係者の間ではもっぱらです」

 そう話すのは制作会社関係者。

『冒険少年』は2014年4月にスタートし、2021年4月からは月曜19時というゴールデン枠に昇格。MCをナインティナインの岡村隆史(51)とココリコの田中直樹(51)、川島海荷(28)が務め、ゴールデン昇格のタイミングでSnowManの向井康二(27)と目黒蓮(25)がレギュラーメンバーに加わり、現在まで続いている。

「特にちびっこから人気の番組だったんですが、今、視聴率がとんでもなく悪いことになっていて……。5月2日放送の2時間SPの世帯視聴率は2.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は1.4%と、驚きの超低視聴率だったんです。

 ゴールデンの、しかも2時間SPでこの数字というのは前代未聞。同時間帯の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の世帯は11.5%、コアは6.4%という高視聴率でしたから、ゴールデンウイークの中日だからといって、みんながみんなテレビを見ていなかったわけではありません。

 そんな中にあって『冒険少年』はこの数字ですから、番組は即終了レベルと言っても過言ではないでしょう」(前同)

 1月9日配信の『文春オンライン』が、番組の名物キャラクター・あばれる君(35)が漕ぐイカダが小舟にけん引されたり、スタッフが作業を手伝っている様子などを証拠写真付きで伝え、“やらせ演出”があったと報じたのだ。

 TBSはスポーツ紙などの問い合わせに「今後の放送に影響はありません」と応じ、“文春砲”後の1月31日放送の『冒険少年』でも「脱出島」が放送されたが――。

 番組のオープニングでは「『冒険少年』は大自然を舞台に番組が設定した環境の中で、さまざまなミッションに全力で立ち向かう勇姿を楽しんでいただくアドベンチャーバラエティー」とナレーションが入り、その後も「いつだって100%本気で挑戦 時に全力でふざけて 時にみんなで力を合わせて 今夜もドキドキワクワクする冒険をお届けします」と番組のスタンスを説明していた。

https://taishu.jp/articles/-/101979?page=2

Source: ハムスター速報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク