【朗報】週30~60分の筋トレで、早死にリスクが10~20%低下wwwwwww

dumbbell_man

1: 名無しダイエット 2022/03/20(日) 21:31:43.06 ID:4l8le1tW0● BE:788192358-2BP(10000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500948725.gif
2022/03/20 08:00
週30~60分の筋トレだけで、寿命が延び病気リスクも低下する

週30分から60分の筋力トレーニングを定期的に行うと、早死にするリスクが10%から20%低くなることが、英国スポーツ医学ジャーナル(British Journal of Sports Medicine)で発表されたシステマティックレビューとメタ解析で明らかになった。

今回の研究では、健康な成人(18歳以上)を対象にした前向きコホート研究がいくつか集められ、レビューとメタ解析がおこなわれた。

メタ解析を実施した研究チームのメンバーは、東北大学大学院医学系研究科の門間陽樹(もんま・はるき)講師のほか、早稲田大学スポーツ科学学術院の川上諒子講師と澤田亨(さわだ・すすむ)教授、九州大学大学院医学研究院の本田貴紀(ほんだ・たかのり)助教の各氏だ。

メタ解析の結果、週30分から60分の筋力強化トレーニングに取り組むと、あらゆる原因による死亡、心血管疾患、がん、糖尿病のリスクが10~17%低下することがわかった。

ただし、ここで言うがんは、すべての種類のがんを包括したものだ。大腸がん、腎臓がん、膀胱がん、すい臓がんなど、特定のがんとの関連性は見出されなかった。

筋トレによる効果は、週およそ60分で最大になると見られる。それ以上に増やしても、効果の増大は、相対的にそれほど大きくはならなかった。

効果がより高まったのは、週30分から60分の筋肉強化トレーニングに加えて、長さに関係なく有酸素運動を行った場合だ。これにより、早死にするリスクが40%、心臓病のリスクが46%、がんによる死亡リスクが28%低下した。

筋トレをすれば寿命が延びると言われたときに、それほどの驚きはないだろう。筋肉を鍛えることは、さまざまなかたちで心身にメリットをもたらす可能性がある。

https://forbesjapan.com/articles/detail/46395/1/1/1


続きを読む
Source: ダイエット速報@2チャンネル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク