【LGBT】アメリカ女子水泳界で好記録連発中の元男性のトランスジェンダー選手が大会に参加することに抗議して審判辞任「水泳に関するすべての公正なものが破壊されている」

男女

0 :ハムスター速報 2021年12月29日 10:12 ID:hamusoku
米のトランスジェンダースイマーに抗議し審判辞任「すべての公正なものが破壊されている」

 米国の大学競泳界で、女子の大会に参加するトランスジェンダー選手の出現に波紋が広がっている。

 五輪専門サイト「インサイド・ザ・ゲームズ」によると、米国水泳連盟に30年間勤務してきた競技役員のシンシア・ミレン氏が、トランスジェンダー選手が女子の大会に参加することに抗議し、連盟を辞任した。ミレンさんは、今月初めの大会で、審判を務める予定だったという。

 当該のトランスジェンダー選手はペンシルバニア大学のリア・トーマス。トーマスの参加を知ったミレン氏は、連盟に手紙を出し「リアを批判するつもりはありません。リアは神の子であり、大切な人です」と本人に非はないとしながら、自身の考えを吐露。「私は生物学的な男性が女性と競争することを認めるスポーツには、もう参加できない、と仲間たちに言いました。水泳に関するすべての公正なものが破壊されている」と記したという。

 トーマスは3年間、男子水泳部で競技し、NCAAの規則で必要な1年間のテストステロン抑制治療を終え、女子種目に出場。好記録を連発している。他選手の保護者や関係者から、不満の声も上がっている。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/swimming/3893654/

 米国のペンシルベニア大学に通う22歳のトランスジェンダー、リア・トーマスが大学生による競泳の競技会の女子200メートル自由形で1分43秒47をマーク。500メートル自由形では2位以下に14秒以上引き離す4分35秒06で泳ぎ、両種目で同大学記録を出した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb100c8e5f4abc60c91cd33a0a3c27a938e5781d
Source: ハムスター速報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク